地方の全国紙「四万十川新聞」の古新聞をリサイクルして、お届けします。


by tarou100s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2005年 12月 04日 ( 1 )

■「エキサイト」へ

f0000771_556347.jpgこれまで、『ブログ:四万十川新聞』の配達は、メルマガの配信会社「メルマ!」のシステムを利用していましたが、先にお知らせした通り、「メルマ!」がブログから撤退し、11月末をもって、全ての情報を解除(削除)する、という通告がありました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆「melma!blog」サービス終了のお知らせ
 これまでご愛顧いただきました「melma! blog」ですが、2005年11月30日をもってサービスを終了させていただくことになりました。今まで「melma!blog」をご利用いただいていた皆様には、大変なご迷惑をおかけすることとなります。今後、ブログの運営を希望される方は、他社様のブログサービスをご利用いただけますようお願い致します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 一方的なサービス停止は、大変、迷惑なことであり、こういうことがあるようでは、ブログのメディアとしての信用、信頼性を失墜することになります。ブログ配信会社は、データの保持、持続性ということに関して、もう少し社会的責任、配慮が必要かと思います。

f0000771_557881.jpg 11月の1ヶ月間を「引越し月間」とし、ブログの情報を整理することにし、「メルマ!」から「エキサイト」へ、ほとんどのデータを移転させませた。

 その中で、『四万十通信』のカテゴリーのひとつであった超人気の「四万十川新聞」については、これを機会に、新たなブログとして、独立させることにしました。これが名付けて『四万十川新聞【日曜版】』です!

 『四万十通信』の関連ブログとして、「お気に入り」にアドレスを追加の上、これからもご愛読の程、よろしくお願いいたします。

◆『四万十通信』の関連ブログ群(エキサイト)

 『ブログ・フォーカス』 
 『四万十川百人一首』 
 『四万十川の文化人・小谷貞広』 
 『バーチャル[こうち自然村]』 
 『土佐の森・救援隊』 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【詳細編】   メルマガ:四万十通信

■四万十川新聞 論壇 (四万十太郎)
f0000771_5573961.jpg

 四万十川にはおよそ日本の河川に昔あったあらゆる自然がそのままに残っている。上流域の山間には「熊」が居て、河口の海には「鯨」が棲んでいる。勿論、川の中には120を超える種類の魚が住み、それを追ってか周囲の山々には160種類以上の鳥達も生活をしている。そのほか、これらの動物を育むための植物や昆虫類も豊富で、まるで四万十川は「自然の宝庫」である・・・[more]
【写真】四万十川・向山沈下橋(大正町上岡)

◆この続きは・・・
 「四万十通信 107」(17.11.19号)で、どうぞ。【登録
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■四万十川新聞について
f0000771_558037.jpg
 四万十川新聞は、BCCにて友人知人に送ってます!

 四万十川の現況と、四万十太郎の健在を報告しているつもりです!

 が、お仕事の邪魔になる場合は、ご一報下さい!

  四万十太郎+花子 
  @土佐蜻蛉村 【メール

◆「四万十川新聞」のすべては、【ここから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■「四万十川新聞の必要性」の・・・なぜ?

◆その1・四万十川にとって「四万十川新聞」の必要性は…

  花子 「ない!」
  太郎 「認める!しかし…」
  花子 「しかし?…何?」

  太郎 「無くてもいいけど…在ったらいけないということではない!」
  花子 「在ったらいけないと言う事ではないが…無い方がいい!」

◆その2・もてなしの表現の弱いところに人は来ない!

 「もてなし」とは…「さりげなく、そして厚かましく!」…が基本である!不取敢、この地方の「もてなし」とは…「四万十川」と「酒」と「会話」である!

 太郎は、これを「四万十川風Hospitality」と呼び、さりげなく、厚かましく…「四万十 川新聞」を送り続けるのである!…請われても無いのに……

◆その3・観光と情報はヤジロベエである!

 観光客を多く呼ぼうと思ったら、情報を多く発信しなければならない!

  花子 「あなたが四万十川新聞を沢山書く理由は判ったけど・・・」
  太郎 「けど?」
  花子 「良いお客さんを呼ぶ為には役に立ってないわよ!」
  太郎 「?」
  花子 「四万十川新聞はレベルが低い!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■四万十川新聞【日曜版】について

 こういった、実にユニークで面白い記事が満載の四万十川新聞の古新聞を、勝手連的に請われても無いのに、配達しているのが【日曜版】です。BCCではなく、ブログで配達していますので、ヤフーなどで検索し、「お気に入り」にアドレスを追加していただければ、ややこしい申し込みをしなくても、いつでも気軽に「四万十川新聞」を読むことが出来ます。古新聞ですが、四万十通信が再編集していますので、レベルは飛躍的に高くなっていると・・・思いますが、如何?!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ブログ・フォーカス]

■四万十川・平元(へいもと)の風景
f0000771_5583543.jpg
 春は「岸つつじ」、
     夏は「濃い緑と木陰」、
         秋は「野鳥」、
             冬は「静寂」


「平元の薀蓄は、後号でいたします。(四万十太郎)」
[PR]
by tarou100s | 2005-12-04 05:58 | 17年12月