地方の全国紙「四万十川新聞」の古新聞をリサイクルして、お届けします。


by tarou100s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:18年6月( 3 )

吉永小百合・その1

f0000771_735238.jpg

【写真】小百合と桜
(注:四万十川新聞には、花子の写真は決して載せないことになっている。)

◆小百合と花子と桜

 花子と桜の関係は「親子」であるが、小百合と花子の関係は「???」である。

 しかし、太郎を介しての「小百合と花子」の関係については、四万十川新聞【日曜版】(17.12.11)に詳細が掲載されているので、この古新聞を熟読の上、小百合と花子の比較論を読んで欲しい。

 *四万十川新聞【日曜版】(花子)

**************************
[比較論:小百合と花子]

◆小百合と花子・その1(一級と二級?)

 日本酒とは「安い方が旨い!」…場合がある。
 造り酒屋の友人に聞けば…「税金のせい!」という!
 同じ程度の酒でも「二級酒」として「良い酒」を出す事があるのだ…という!

 ただ、「安い酒が高い酒と同等」ということはあっても「安い酒の方が上等」とはならないようなので…舌の話は「財布・気分の問題」ということらしい!

 小百合と花子の関係に似ている!

  花子 「私のほうが一級でしょ・・・ね?」
  太郎 「勿論でーす!」(・・・特級があるけど?)

**************************
(今週のブログ紙面)  <6月18日ー24日>

■四万十通信(ほぼ日刊)  

 ◇行政・企業、そしてNPO

■四万十川百人一首(週刊・火曜日配信)

 ◇黒川輝代(宿毛市)
 ◇椿山(焼畑と伝説の里・高知県池川町)

■バーチャル[こうち自然村](ほぼ週刊・不定期)

 ◇歴史・文化で地域おこしを!(漫画・大河ドラマ編)13
 ◇こうち市民の森・プロジェクト(実践活動)

■四万十川の文化人・小谷貞広(週刊・木曜日配信)

 ◇短歌と俳句(藪柑子)

■土佐の森・救援隊(ほぼ週刊・不定期)

 ◇こうち森林救援隊(隊員からの報告)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[四万十川の愛唱歌]

北上夜曲
f0000771_736057.jpg

  匂いやさしい 小百合の
  濡れているよな あの瞳

  想い出すのは 想い出すのは
  四万十河原の 月の夜

【写真】北上川と岩手山

    かにかくに渋民村は恋しかり
     おもひでの山 おもひでの川(啄木)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[おまけ]  <「本家版・四万十川新聞」より>

◆北上川

「きたがみかわ」と…名前が濁ってはけない!
「ゴジラ」「ガメラ」「アンギラス」…濁るとイメージが悪くなる!

「さゆり」「さくら」「しまんと」…濁らずに「サ行」が良いイメージのポイントである!

  花子 「濁らない「ハ行」は・・・?」

  太郎 「川も水も花子も、濁ってはいけない!」
  花子 「この、サ・ユリストめ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[編集後記]

  かにかくに中の村は恋しかり
   おもひでの川あれど おもひでの山なし(山藤花)


○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
 
 写真集=『ブログフォーカス(四万十川通信)』
 壁新聞=『県庁ぷらっとこうち版・四万十川新聞』

○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
[PR]
by tarou100s | 2006-06-25 07:36 | 18年6月
f0000771_8483115.jpg

  四万十川に光の粉をまきながら 

     川面をなでる 風の手のひら


 四万十川は「しまんと」と読む!歌人「俵万智」さんが詠った四万十川の短歌である!

 こんな有名人から始まって「四万十川百人一首」をつくろうとしている人が居る!自らを「山藤花」と呼ぶ…この方もかなりの「文化人」である!

              (四万十太郎)

【写真】百笑の堤

四万十川百人一首

**************************
(先週のブログ紙面)   <6月4日ー10日>

■四万十通信(ほぼ週刊・不定期)  

 ◇中国四国農政局のホームページ

■四万十川百人一首(週刊・火曜日配信)

 ◇加納 薫(四万十市)
 ◇限界集落(大野晃氏)

■バーチャル[こうち自然村](ほぼ週刊・不定期)

 ◇歴史・文化で地域おこしを!(漫画・大河ドラマ編)11
 ◇いの町成山(棚田再生プロジェクト)

■四万十川の文化人・小谷貞広(週刊・木曜日配信)

 ◇四万十川新聞(「小谷貞広」…のなぜ?!)その7

■土佐の森・救援隊(ほぼ週刊・不定期)

 ◇こうち森林救援隊(新入隊員からの報告・その3)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[四万十川の愛唱歌](「四万十川新聞・俺の話を訊け!」より)

川の流れのように

  生きることは、旅すること 
  終わりのない、この道

  雨に降られて、ぬかるんだ道でも
  いつかは、また 
  晴れる日が来るから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[おまけ]  <「本家版・四万十川新聞」より>

■山藤花

 四万十川の河畔『百笑庵』に寓居し、
 毎朝、川の流れを見ながら・・・
 堤の道を散策するのが日課、という山藤花。

 黙々と『百笑庵』で、四万十川百人一首の編纂をしているが、さらに四万十川新聞では初の新聞小説の企画を、という「山藤花」とは「山頭火」の洒落だとわかるが、ご本人は文化とは関係ない林業関係(木の文化、とは言うが・・・)に従事されている方で、四万十川の出身ではない!

 四万十川とは「地元に永年住んでいることよりも」「一歩下がってみるほうがその佳さが判る」ようである!

 昨年から募集している四万十川百人一首には、現在、全国から50人50首の応募があったようである。しかし、まだ50人である。来年の春(3月)に予定されている四万十川百人一首の完成が危ぶまれている。短歌ごころのある方は、ぜひの応募を・・・。

四万十川の短歌、大募集!

*************************
[新聞小説]

■作家・幡多山正太郎さんに聞く

f0000771_8524130.gif 朝日・毎日・読売などの全国紙には新聞小説があるのは勿論だが、地方紙の高知新聞にも直木賞作家・山本一力さんの「新聞小説」が掲載されている。

 なのに、週刊誌まである四万十川新聞に「新聞小説」がないのは、なんとも淋しい・・・ということで、四万十川出身の曲木賞作家、幡多山正太郎さん(年齢不詳)による新聞連載小説、大河ドラマ風、ドキュメント・フィクション、歴史・文化で地域おこしを!(漫画編)『ゴルゴ13の墓を四万十川に・・・』が6月18日から始まります。自身にとっても、初の新聞連載小説を手掛けることになる幡多山さんに、その意気込みを聞きました。(聞き手=山藤花)

[初めての新聞小説ですね。]
 初の新聞小説は四万十川新聞で、という私の夢が実現して嬉しい!

[物語の展開は。]
 ゴルゴ13の墓を四万十川に生前誘致するにあたっての挨拶状です!

[長期連載になるのですか。]
 ゴルゴ13ですので、13回くらいの予定です!

[読者にメッセージを。]
 命懸けで書きます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■編集後記

 太郎 四万十川新聞の文化度が、益々高くなったなあ・・・
 花子 四万十川新聞【日曜版】でしょ!


○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
 
 写真集=『ブログフォーカス(四万十川通信)』
 壁新聞=『県庁ぷらっとこうち版・四万十川新聞』

○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
[PR]
by tarou100s | 2006-06-11 08:50 | 18年6月

山内家と西内家

f0000771_620317.jpg

■山内家の・・・なぜ?

 江戸時代…四万十川の河口の町「中村」は山内家が統治していた!

 その山内家の行き付けの寺が「石見寺」である!

 太郎(西内家)は、その「石見寺山」で墓地を所有しているが、その裏山に古いお寺が在ったらしく、山肌から、山内家の紋が入った「鬼瓦」が出てきた!

 その「家紋」を憶えておいて頂いたら、NHK大河ドラマ「功名が辻」が山内家の物語と、納得していただけると思われる。

 その鬼瓦は、今、西内家の玄関に飾られている!

**************************
(先週のブログ紙面)   <5月28日ー6月3日>

■四万十通信(ほぼ週刊・不定期)  

 ◇ネットワーク:バイオマス通信

■四万十川百人一首(週刊・火曜日配信)

 ◇永橋三八夫(土佐清水市)
 ◇農事にたずさわりながら(大岸由起子氏)

■バーチャル[こうち自然村](ほぼ週刊・不定期)

 ◇歴史・文化で地域おこしを!(漫画・大河ドラマ編)10
 ◇森づくりプロジェクト(いの町本川地区長沢)

■四万十川の文化人・小谷貞広(週刊・木曜日配信)

 ◇ふるさと(『三丁目の夕日』時代)

■土佐の森・救援隊(ほぼ週刊・不定期)

 ◇活動の記録 (平成17年度)その9

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[四万十川の愛唱歌](「四万十川新聞・俺の話を訊け!」より)

旅立ち
f0000771_6203489.jpg

    言葉はいらない 
    笑顔を見せて

    心の中の花子は 
    いつもやさしい

【写真】石見寺

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[おまけ]   <「本家版・四万十川新聞」より>

■西内家の・・・なぜ?

 山内家と西内家は「一字違い」だが…縁もゆかりも、何も無い!

 しかし…山内家紋の鬼瓦は西内家の玄関に飾られている。…という縁はある!


○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
 
 写真集=『ブログフォーカス(四万十川通信)』
 壁新聞=『県庁ぷらっとこうち版・四万十川新聞』

○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o○○o。..。o
[PR]
by tarou100s | 2006-06-04 06:20 | 18年6月