人気ブログランキング |

地方の全国紙「四万十川新聞」の古新聞をリサイクルして、お届けします。


by tarou100s
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2005年 11月 27日 ( 1 )

ウルトラマラソン

■「四万十川ウルトラマラソン」の・・・なぜ?

ウルトラマラソン_f0000771_18292863.jpg 四万十川が全国的に有名なのは「二つの世界」である!それは…「河川の世界」と、この「ウルトラマラソンの世界」である!「ウルトラマラソン」とは「距離42.195kmを超す距離」を走る時に、「ウルトラ」という言葉が付くのである。四万十川では100kmで、今年で「第11回」である!

 このマラソンは1800名の定員である。この定員は警察の許可条件なのだが・・・申し込みは2倍にもなり、この世界では「人気度NO・1」である!太郎は「競技部長」ではなく「一般ボランテイア」として「落伍者の回収に走る!」今年は「茅生大橋」に走った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■「71km地点」の・・・なぜ?

 斜張橋「茅生大橋」【写真】は、100kmマラソンコースの約71km地点である。ランナーの疲労がピークに達する地点である。ランナーは無口で顔をしかめて走ってくる。

  太郎 「頑張ってくださーい!」
  走者 「・・・」
  太郎 「橋の向こうに休憩所がありまーす!」
  走者 「何があるの?」

  太郎 「水とパンと…途中棄権者回収バスでーす!」
  走者 「ははは・・・」
  太郎 「あっ笑った!まだ大丈夫!」
  走者 「ははははは・・・腰が砕ける!」

(四万十川には、沈下橋が似合うし、沈下橋しかない、と思っている人もいる。四万十川にも、こんなモダンな斜張橋がある。<編集局>)

◆四万十川の橋といえば・・・『赤鉄橋』

[ブログ:四万十川の文化人](毎週水曜日に更新)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[古新聞]

■四万十川新聞

 珍しく、カラー刷りの特集「水中探偵団」。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[勝手にトラックバック]

■前夜祭

ウルトラマラソン_f0000771_18295444.jpg 中村市改め四万十市天神橋アーケード街にて四万十川マラソン・ウェルカムパーティー【写真】。参加者のみなさんは明日のレースに向け鋭気を養ってます。参加者ではない私は、参加者パスを借り、うどんをいただきました!1000人を越える大きな大会です。知り合いが多く、そこらじゅうで声をかけられ挨拶で忙しい・・・[more

【四万十川新聞の四万十太郎編集長も、ご挨拶をしたのでしょうか?】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ブログ・フォーカス]

■四万十川・沈下橋の風景
ウルトラマラソン_f0000771_6225742.jpg

      【水彩画】徳広淳也氏(中村高校第一期卒業生)
by tarou100s | 2005-11-27 18:31 | 17年11月